秋山静香-四十路の巨乳熟女叔母が筆おろし。派手なパンティのシミに若者が大興奮

乳房を揉みまくります。背後に回り込み寄せたり上げたりしていると気になる下半身。立って貰いスカートを脱がします。「こういう派手な下着をいつも着けるんですか?」聞かれ「君がくるから着けたのよ」と言われると我慢できない若者は唇に喰らいつきベロチュー。「この中が見てみたいです。いいですか?」と下着からおっぱいを出して生乳を揉んで「熱くなってる…」とさらに興奮する若者。乳首を引っ張り上げて乳房の弾力を確かめます。熟女をソファーに四つん這いにして背後に回り込みパンティの上から割れ目に指を這わせます。M字開脚にすると「何か…シミができてる…」とパンティのシミに興奮。パンティをずらしてアソコを直接触れるとぬるぬる。クリトリスを愛撫されはぁはぁしてきてついに指をずぼずぼっと挿入。前後に動かすと気持ちいいポイントを刺激され「そ…そこがいい」と喘ぎまくる熟女。高まりと共に絶頂を迎えます。今度はお返しに熟女が若者のずぼんを下げてフェラチオで気持ち良くさせます。もっと気持ち良くなりたい若者は正常位で挿入。

四十路・40代

引用元:http://jyukusiri.net/archives/20968

四十路・40代関連の記事

もっと見る

ランダム記事