桐島千沙-影のある三十路継母の痙攣マジイキアナニーを覗いた息子が衝撃

三十路・30代

三十路継母が料理を作っていると帰宅する息子に声をかけるも無視をして悲しい表情をします。ある夜に三十路継母がベッドでM字開脚になり脱いだパンティを片足に引っかけて卑猥な格好でオナニーをはじめます。膣から指がゆっくりと下がり肛門に中指を突っ込みアナルオナニー。喘ぎ声のボリュームも一気に上がりつま先で腰を浮かせて悶えます。息子が部屋を出ると三十路継母の淫靡な声に気が付いて覗きにいきます。すると三十路継母は巨尻を突きだし四つん這いであらぬ姿を見せています。さらにアナルを刺激しているのに衝撃を受ける息子。三十路継母はアナルビーズを肛門に挿入してもう片手で膣を刺激しているとビクビク痙攣しオーガズムに達します。

引用元:https://seikinohate.net/archives/53254

三十路・30代関連の記事

もっと見る

ランダム記事